So-net無料ブログ作成
道の駅 ながらの情報 ブログトップ

道の駅 ながらの黒イチゴの購入方法や名物グルメを紹介します!! [道の駅 ながらの情報]

千葉県長柄町にある道の駅「ながら」。
千葉の都市部と九十九里、南房総を結ぶライン上にあるこちらの道の駅は、近隣で採れた新鮮な野菜や果物、特に黒イチゴを販売する直売所が大人気になっています。
今回はそんな道の駅「ながら」の見どころをご紹介します。




■ながらの名物グルメ
道の駅「ながら」には飲食施設はありませんが、道の駅にベーカリー「ながら夢工房」が併設されています。ドライブ中でもつまめるパンは、旅の途中に立ち寄るドライバーにも大好評。中でも、しっとりした生地とやさしい甘みを持つメロンパンは、「ながら」の名物グルメになっています。

ながら.jpg
■ながらのおすすめお土産
道の駅「ながら」でのお土産はやっぱり特産の新鮮野菜を選びたいところです。
長柄町で野菜を生産する農家さんがその日採れたばかりの野菜を朝出荷、店頭に並べているので、その鮮度はお墨付き!

「ながら」を愛用しているリピーターの中には、“ここの野菜を食べたら、もう他のところで買う気にはならない”という人もいるほどなんだとか。しかも、道の駅というスポットの特性上、スーパーマーケットなどで購入するよりも格段にお得な値段で販売されているので、大家族へのお土産にもピッタリですね。

また、時期は春に限定されますが道の駅 ながらといえば、黒イチゴは
外せないでしょう。

■黒イチゴの購入方法
千葉県は、全国有数のイチゴの生産地ですが、最近、注目されているのが黒いちごです。
黒イチゴは、真紅の美鈴と呼ばれる品種で品種改良でうまれた新しい品種です。
名前の通り、黒っぽいのですが糖度が普通のイチゴが約10%に対して約18%
と高いのが特長です。
ですので、普通のイチゴより甘さが増していて、味も濃いと評判となっています。

黒イチゴは品種登録を申請中で、栽培農家は限られています。
道の駅「ながら」では、2月から5月まで下記のような時間帯で
黒イチゴが販売されます。開店と同時に売り切れるということです。

★道の駅「ながら」の黒イチゴの販売
開設時間:午前9:30~午後5:00

販売数量:1日13パック程度

値段   :真紅の美鈴(黒いちご)300g ¥650




■ながらの周辺観光スポット
道の駅「ながら」に立ち寄った後は、リゾート気分を味わえるスポットに行ってみませんか?
「リソル生命の森」は房総観光の拠点となるリゾート施設です。

館内にはメディカルチェックや運動プログラムが体験できる「日本メディカルトレーニングセンター」、旧スイス大使館をリノベートした和食処、ゴルフ場・真名カントリークラブに、リラクゼーションルーム、雑貨などを扱う「トリニティショップ」など、さまざまな施設がそろっています。
中でも夏のおすすめなのが、「ラク・レマンプール」です。スイスのレマン湖の形をした全長130mの野外プールは、遊泳ゾーンのほか、ダイビングスポットとキッズ用スペースがあり、夏を満喫するのにピッタリのスポットになっています。

いかがでしたか? 道の駅「ながら」は、地元農家による直売所を中心とした道の駅です。

人気のメロンパンをほおばりつつ、新鮮野菜をゲット。その後は、リゾート気分満点の「リソル生命の森」でさまざまなアクティビティを楽しみましょう。

夏に訪れるあなたは、心行くまでプール遊びを満喫してくださいね。千葉県内に多数ある道の駅の中でも、ドライブスポットをつなぐエリアにある道の駅「ながら」、覚えておいて損はありませんよ。

■道の駅 ながら 概要
住所  千葉県長生郡長柄町六地蔵138-1

TEL / FAX 0475-35-4741/

開設時間 午前9時30分~午後5時

休館日 1月1日~1月3日

●駐車場・トイレ・公衆電話は24時間利用可能




道の駅 ながらの情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。